もっとおいしい腎臓病食

腎臓病患者が腎臓病の食事療法をおいしく続けるコツ、低たんぱく特殊食品や減塩食品のレビューなどを発信しています。

【2020年1月】今月買ったものを紹介します【低たんぱく減塩食品】

【2020年1月】今月買ったものを紹介します【低たんぱく減塩食品】

今月もいくつか低たんぱく減塩食品を購入したのでご紹介します。


腎臓病の食事療法を始めて、これから低たんぱくや減塩食品を買おうと思っている方に少しでも参考になれば嬉しいです。


ちなみに前回購入した低たんぱく商品は以下の記事で紹介しています。

>> 【2019年11月】今月買ったものを紹介します【低たんぱく冷凍食品】

2020年1月に買ったものを紹介

私が今月購入した低たんぱく減塩食品はこちらです。

2020年1月に購入したものを紹介
2020年1月に購入したものを紹介


今月は低たんぱく米を切らしてしまったのでお米を中心に購入しました。

たんぱく質1/25越後米粒タイプ

このブログにも度々登場していますが、我が家では低たんぱく米はたんぱく質1/25越後米粒タイプを購入しています。

私は1日40gのたんぱく質制限をしているので、3食すべて低たんぱくごはんにして、ご飯でたんぱく質を減らした分お肉や魚から良質なたんぱく質を多く摂るように心がけています。

私がこちらの低たんぱく米を選んだ理由や、越後の低たんぱく米をおいしく炊く方法は以下の記事で紹介しています。

>> おすすめの低たんぱく米とおいしい炊き方


今回購入したものはお米1.8kgを10袋ですがこれでも1日3食低たんぱくごはんにすると2ヶ月半しか持ちません

低たんぱく米は高いので家計を圧迫して大変ですが腎臓病保存期の治療には必要不可欠なものなので必要経費と割り切るようにしています。

越後の低たんぱくパックごはん

越後の低たんぱくパックごはんお試し3種セット
越後の低たんぱくパックごはんお試し3種セット

お米タイプだと炊飯器で炊かないと食べられませんがパックごはんならレンジで温めるだけですぐに食べられます。

普段はお米タイプのものを炊飯器でまとめて炊いて冷凍庫にストックしたものを食べていますが、ストックが切れたとき用にパックごはんも一緒に購入しています。

低たんぱく米はいつも京都麻袋の通販サイトから購入しているんですが、こちらのサイトには越後の低たんぱくパックごはん3種類がセットになったお試しセットがあり、こちらをいつも購入しています。

パックごはん以外に、お米タイプの低たんぱく米も京都麻袋のサイトが一番安く購入できるので助かっています。

>> 低たんぱく米が切れたときに便利なパックご飯【災害時の備えにも】

マイサイズいいね!プラスシリーズ

通常のマイサイズシリーズよりもさらに塩分1gに減塩された「マイサイズいいね!プラスシリーズ」。

こちらは調剤薬局向けモデルなのでスーパーなどには置いてないんですが、通販で購入することができます。

以前に購入しておいしかったのでブログでも紹介しましたが買った分がなくなってしまったのでリピート購入です。

>> 塩分1gの減塩レトルトカレーがあるって知ってた?【マイサイズプラス】

色々種類があるんですが今回は「欧風カレー」「ハヤシライス」「中華丼」を購入しました。

マイサイズいいね!プラスシリーズ
マイサイズいいね!プラスシリーズ


マイサイズはフタを開けてそのまま箱ごとレンジで温められるので調理がとても簡単です。

FORICA ソース焼きそば

低たんぱくや減塩の焼きそばってそのままだとおいしくないものが多いんですが、こちらの「FORICA ソース焼きそば」はダントツでおいしいです。

1食あたりたんぱく質4.8g、食塩相当量2.1gなので腎臓病の食事制限をしていても食べやすく、通常のカップ焼きそばと同様にお湯をそそいで2分で食べられるのでとても簡単です。

私は食事制限をしているとたまにジャンキーなものが食べたくなるんですが、そういうときにこの焼きそばが重宝しています。

越後のラスク

最後に紹介するのは低たんぱくの米粉パンで作られた「越後のラスク」です。

味のバリエーションは「メープルシュガー」「ココア」「ガーリック」があり、どれもおいしそうだったので全種類購入してみました。

通販で購入すると10袋単位での購入になってしまうサイトが多いんですが、京都麻袋の楽天市場からなら1個単位で購入できました。

私はいつもお米は京都麻袋の楽天市場で購入しているんですが、低たんぱくパックごはんも1つから購入できるのでとても助かっています。

越後のラスク
越後のラスク


今回は腎臓病患者の私が今月購入した低たんぱく減塩食品をご紹介しました。

皆さんは気になるものはありましたか?

今回購入した食品も今度レビュー記事を書こうと思っているので今後とも「もっとおいしい腎臓病食」をよろしくお願いします。