もっとおいしい腎臓病食

腎臓病患者が腎臓病の食事療法をおいしく続けるコツ、低たんぱく特殊食品や減塩食品のレビューなどを発信しています。

【腎臓病食】塩分・たんぱく質調整 ホリカ (FORICA) ソース焼きそばを食べた感想

【腎臓病食】塩分・たんぱく質調整 ホリカ (FORICA) ソース焼きそばを食べた感想

今回は以前購入した「FORICA ソース焼きそば」を食べた感想を紹介します。

私がFORICAソース焼きそばと一緒に購入したものは以下の記事で紹介しています。

>> 【2020年1月】今月買ったものを紹介します【低たんぱく減塩食品】

FORICAソース焼きそばの特徴はなんと言っても腎臓病患者向けに塩分・たんぱく質を削減したカップ焼きそばなんです。

ホリカ ソース焼きそばは減塩・低たんぱく
ホリカ ソース焼きそばは減塩・低たんぱく


減塩のカップ焼きそばはいくつか販売されていますが、たんぱく質まで削減されたカップ焼きそばはなかなかありません。

腎臓病でたんぱく質制限をされている方には嬉しいですね。


減塩・低たんぱくのFORICAソース焼きそばを食べた感想

こちらがFORICAソース焼きそばのパッケージです。

ホリカ (FORICA) ソース焼きそばのパッケージ
ホリカ (FORICA) ソース焼きそばのパッケージ

腎臓病向けの商品って味気ない質素なパッケージのものが多いですが、FORICAソース焼きそばは一見、普通のカップ焼きそばと変わらず、パッケージの焼きそばの写真も普通においしそうです。

FORICAソース焼きそばの詳しい栄養成分はこちらです。

FORICAソース焼きそばの栄養成分
FORICAソース焼きそばの栄養成分

栄養成分表示(1食あたり)

エネルギー 521kcal
たんぱく質 4.7g
脂質 22.7g
炭水化物 74.3g
食塩相当量 2.1g
カリウム 146mg
リン 88mg


参考までに日清焼そばU.F.O.は1食あたりたんぱく質9.4g、食塩相当量5.9g、ペヤング ソース焼きそばは1食あたりたんぱく質8.9g、食塩相当量3.6gです。

こちらのFORICAソース焼きそばは一般的なカップ焼きそばに比べて、たんぱく質、塩分ともに40%ほど削減されていて、食事制限をしている人でも安心して食べられます。

FORICAソース焼きそばの原材料はこんな感じです。

FORICAソース焼きそばの原材料
FORICAソース焼きそばの原材料

調理方法も一般的なカップ焼きそばとほとんど変わりませんでした。お湯を入れて2分というのも地味に嬉しいですね。

FORICAソース焼きそばの調理方法
FORICAソース焼きそばの調理方法

湯切り口もちゃんとあります
湯切り口もちゃんとあります

中身は粉末ソースとふりかけ、かやく、そして特製油が入っていました。

FORICAソース焼きそばの内容品
FORICAソース焼きそばの内容品

かやくを麺の上にあけ、熱湯を注いで2分間待ちます。かやくにはキャベツが入っています。

かやくはキャベツが入っています
かやくはキャベツが入っています

実食開始

2分後お湯を捨てて、付属のふりかけと特製油をかけていただきます。

ふりかけには、あおさと乾燥紅生姜が入っていました。

2分後お湯を捨て、ふりかけと特製油をかけていただきます
2分後お湯を捨て、ふりかけと特製油をかけていただきます

見た目は普通のカップ焼きそばと変わりません
見た目は普通のカップ焼きそばと変わりません

早速食べ進めてみると、カップ焼きそばのこのジャンキーな感じがとてもいい!

一般的なカップ焼きそばに比べるとソースが薄味なところはありますが、味は普通においしくて、食べ終わった後にはカップ焼きそばを食べたという満足感がちゃんと残ります

でんぷん麺などの低たんぱく麺は、麺が固くなって団子状になりやすいのですが、こちらのカップ焼きそばは食べている最中も固くなることはありませんでした。

おそらく、添付の特製油を入れることによって油で麺をコーティングして固まりにくくしているのかなと思いました。

腎臓病の食事制限を始めてからは日清焼そばU.F.O.やペヤングのような市販のカップ焼きそばを気軽に食べられなくなったという方が多いのではないでしょうか。

FORICAソース焼きそばであれば、ジャンキーなカップ焼きそばを食事制限の範囲内で罪悪感なく堂々と食べられる、それだけでもこのカップ焼きそばを買う価値はあると思います。


Amazon.co.jpにレナケアーソース焼そばという商品も出ていますが、こちらもFORICAソース焼きそばと同じものです。

2019年3月にレナケアーソース焼そばからFORICAソース焼きそばに名称が変更になっています。