もっとおいしい腎臓病食

腎臓病患者が腎臓病の食事療法をおいしく続けるコツ、低たんぱく特殊食品や減塩食品のレビューなどを発信しています。

【低たんぱく中華麺でおいしい】冷やし中華始めました

【低たんぱく中華麺でおいしい】冷やし中華始めました

私は冷やし中華が大好きなんですが、食塩もたんぱく質も高いので、腎臓病で食事制限が必要になってからはあまり食べていませんでした。

今回、げんた冷凍めん中華めん風を使って「冷やし中華」を作ってみたところ、とてもおいしかったので皆さんにもご紹介します。 汁も市販の冷やし中華のものを使えば楽ちんです。

一般的な市販の冷やし中華の栄養成分は?

一般的な市販の冷やし中華の栄養成分はどのくらいかご存知でしょうか?

商品パッケージ エネルギー たんぱく質 めん
食塩相当量
スープ
食塩相当量
「本生ほんなま」冷し中華 醤油味 335kcal 9.2g 0.8g 3.3g
「本生ほんなま」冷し中華 ごまだれ味 361kcal 9.8g 0.8g 3.4g
「もみ打ち」生冷し中華 醤油味 417kcal 10.4g 1.1g 4.0g
「もみ打ち」生冷し中華 ごまだれ味 430kcal 11.0g 1.1g 3.1g

こちらはシマダヤの冷やし中華シリーズですが、たんぱく質は10g前後、食塩相当量は4〜5g前後となっていました。 シマダヤの冷やし中華は、食塩相当量がめんとスープで別々に表記されているのでとても栄養計算がしやすくオススメです。

このままでは、食塩相当量がかなり高いので食塩制限がある方には少し難しそうです。

低たんぱく中華麺で冷やし中華を作る

市販のそのままの冷やし中華では腎臓病の方には難しくても、麺を低たんぱく中華麺に変えて、スープの量を減らすだけで腎臓病の方でもおいしく食べられるようになります。

以下で低たんぱく中華麺のレシピを詳しくご紹介します。

げんた冷凍めん中華めん風とは?

げんた冷凍めん中華めん風(1食180g)の栄養価

エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量カリウムリン
293kcal0.2g2.5g67.5g0.05g2.7mg26.1mg

中華めん風でコシのある、おいしいでんぷん冷凍めんです。スープは付属していません。調理は沸騰したお湯で1分半、もしくは電子レンジでも調理可能というお手軽さ。 食塩無添加なのでめん類で気になる食塩相当量を0.05gに抑えてあります

こちらは冷やし中華だけでなく、ラーメンの麺としても使用できます。

げんた冷凍めんシリーズは他に「うどん」もあり、こちらもコシがしっかりした麺でとてもおいしいです。 「低たんぱく麺は「げんた冷凍めん うどん風」がとてもおいしい!」の記事でげんた冷凍めんうどん風を使った低たんぱく冷やしかき揚げうどんのレシピを紹介しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

低たんぱく冷やし中華のレシピ

我が家で作っている低たんぱく冷やし中華のレシピはこちらです。

材料(1人前)

  • 減塩ハム 21g(1/3パック)
  • トマト 半分
  • きゅうり 半分
  • 卵 1/2個
  • げんた冷凍めん中華めん風 1人前(180g)
  • 市販の冷やし中華のスープ 半分

今回はハム、トマト、きゅうり、卵など一般的な冷やし中華の具材に、げんた冷凍めん中華風1人前と市販の冷やし中華のソースを半分かけました。

具材はお好みで、冷やし中華のソープはお近くのスーパーに売っている冷やし中華の商品の中から一番スープの塩分が低いものを選んでください。

「もみ打ち」生冷し中華 ごまだれ味
「もみ打ち」生冷し中華 ごまだれ味

ちなみに私はごまだれ味が食べたかったので、こちらのシマダヤの「もみ打ち」生冷し中華 ごまだれ味で作りました。 こちらはスープの食塩相当量が3.1gなので、半分だけかければ1.5gくらいで食べられます。

完成品

茹でた麺をザルにあけ、水でしめたら、お好みの具材と一緒にお皿に盛り付ければ完成です。作り方は一般的な冷やし中華と変わりません。

低たんぱく 冷やし中華
低たんぱく 冷やし中華 おいしく出来ました

一般的な冷やし中華の麺とは違い、麺はげんた冷凍麺を使っているので、太くてコシのある中華麺ですがこれはこれでおいしいです。 汁は市販の冷やし中華のスープを半分だけかけているのですが、普段から薄味に慣れている私には十分ごまだれの味を感じられました。

こちらの栄養価はエネルギー 453kcal、たんぱく質 13.2g、食塩 2.0g で出来ました。 (冷やし中華のスープに含まれているエネルギーやたんぱく質量は分からないので一部推測です)

【季節感満載】低たんぱく中華麺を使った冷やし中華

今回は、げんた冷凍めん中華風を使った低たんぱく冷やし中華をご紹介しました。

暑いこの時期には冷やし中華は涼しげで季節感もあり見た目にもおいしそうですね。

腎臓病だからといって食べたいものを諦める必要はありません。低たんぱく中華麺を使えれば、塩分の高い冷やし中華やラーメンもおいしく減塩することができます。

皆さんのご家庭でも冷やし中華はじめてみませんか?