もっとおいしい腎臓病食

腎臓病患者が腎臓病の食事療法をおいしく続けるコツ、低たんぱく特殊食品や減塩食品のレビューなどを発信しています。

湖池屋の無塩ポテチがリニューアルして更においしく【プライドポテト芋まるごと食塩不使用】

湖池屋の無塩ポテチがリニューアルして更においしく【プライドポテト芋まるごと食塩不使用】

今回は湖池屋から発売された「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用」を食べた感想を紹介したいと思います。

実はこちらの無塩ポテチは2019年10月14日に発売された「KOIKEYA PRIDE POTATO 新じゃが素揚げ」をリニューアルした商品となっています。

以前食べたリニューアル前の無塩ポテチはとてもおいしかったので今回はリニューアル前との比較もしていきます!


リニューアル前の湖池屋の無塩ポテチについては以下の記事で他の無塩ポテチと食べ比べした感想を紹介しています。
【徹底比較】無塩ポテトチップス食べ比べ!一番おいしいポテチは?


リニューアルした湖池屋の無塩ポテチを実食レビュー

こちらがリニューアルした湖池屋の無塩ポテチのパッケージです。

湖池屋プライドポテト芋まるごと食塩不使用
湖池屋プライドポテト芋まるごと食塩不使用

パッケージにも大きく「食塩不使用」と記載してありました。

湖池屋プライドポテトシリーズは「芋まるごと食塩不使用」の他にも

  • 湖池屋プライドポテト 神のり塩
  • 湖池屋プライドポテト 感激うす塩味
  • 湖池屋プライドポテト 衝撃のコンソメ

がありますが、食塩不使用のポテチは「芋まるごと食塩不使用」のみとなっています。

湖池屋の無塩ポテチの詳しい栄養成分はこちらです。

湖池屋の無塩ポテチの栄養成分
湖池屋の無塩ポテチの栄養成分

栄養成分表示(60gあたり)

エネルギー 331kcal
たんぱく質 1.8〜5.1g
脂質 20.1g
炭水化物 34.3g
食塩相当量 0.04〜0.13g


栄養成分などがリニューアル前とどう変わったのかも比較してみました。

リニューアル前後の比較
リニューアル前後の比較

写真右がリニューアル後、左がリニューアル前となっています。

リニューアル前は食塩相当量が0.03gだったのに対してリニューアル後は0.04〜0.13gと、リニューアル後は食塩相当量が若干高くなり、商品によって食塩相当量のばらつきもあるようです。

たんぱく質もリニューアル前は2.9gに対してリニューアル後は1.8g〜5.1gとこちらもリニューアル後はばらつきがあるようでした。


どうして食塩不使用のポテチなのにリニューアル後は食塩相当量が若干高くなっているの?


その理由は原材料にありました。

<リニューアル前の原材料>
馬鈴薯(じゃがいも)、植物油

<リニューアル後の原材料>
馬鈴薯(じゃがいも)、植物油、香味油、デキストリン、ぶどう糖、酵母エキスパウダー、たんぱく加水分解物、昆布


リニューアル後のポテチは原材料がかなり増えてる!


リニューアル後のパッケージにも「食塩相当量は馬鈴薯、昆布由来の成分です」とあったので、味付けに昆布などを使ったことで若干食塩相当量が増えて、栄養成分にばらつきが出るようになったのかも知れません。

実食開始

それでは実際に湖池屋のリニューアルした無塩ポテチを食べてみたいと思います!

湖池屋プライドポテト芋まるごと食塩不使用
湖池屋プライドポテト芋まるごと食塩不使用

色はリニューアル前よりも若干濃くなったような気がしますが、今回はたまたま焦げている部分が多かっただけかも知れません。

無塩ポテチといってもじゃがいもの味だけではなく、薄いコンソメのような味がしました。

実際にリニューアルした今回のポテチには原材料に香味油や昆布が使われているため、食塩不使用でもちゃんと味がしてより一般受けする味になっていました。

無塩のポテチの食べ比べ記事でも紹介しましたが、他のメーカーの無塩ポテチは味付けがないことでじゃがいも本来の旨味よりも油っこさが目立ってしまうことが多かったのですが、食塩不使用でここまでおいしくできる湖池屋は流石だなと思いました。

ちなみにパッケージ裏面には湖池屋プライドポテトのおいしさの秘訣「新プライドポテト製法」が紹介されていました。

新プライドポテト製法
新プライドポテト製法

ただ食塩を不使用にしただけではなく、こういったこだわりがあるからこそ、このおいしさが実現できるんですね。

リニューアルした湖池屋の無塩ポテチ、とてもおいしかったです。