もっとおいしい腎臓病食

腎臓病患者が腎臓病の食事療法をおいしく続けるコツ、低たんぱく特殊食品や減塩食品のレビューなどを発信しています。

【保存版】腎症患者の私がオススメする6つの調味料

腎臓病患者の私がオススメする6つの調味料

食塩やたんぱく質制限のためには、まずは普段使う調味料から変えてみませんか? 調味料にはたくさんの食塩やたんぱく質が含まれているものがあります。

この記事では、我が家でよく使っている6つの調味料をご紹介します。

醤油

醤油は、キッコーマンの食塩50%オフ「丸大豆減塩しょうゆ」を使っています。 こちらの商品は大さじ1(15.0ml)あたり食塩相当量が 1.2g 、たんぱく質が 1.5g となっています。 他に有名なげんたシリーズの「減塩げんたしょうゆ」と比べるとたんぱく質が若干高いですが、 価格は減塩げんたしょうゆに比べて半額です。

ボトルを押すと醤油が出て、戻すと止まる「押し出し式」なので、一滴から欲しい分まで自在に調節でき、 注ぎすぎることがなくなるという観点から我が家ではこちらの減塩醤油を使っています。
醤油は他の調味料に比べても使う機会が多いため、価格を安く抑えたいですね。

味噌

味噌は、木徳神糧の「越後くらぶ米麹みそ」を使っています。 味噌は大豆食品のため、食塩の他に、たんぱく質も結構含まれています。食塩相当量とたんぱく質が抑えられているものを選びましょう。

以前は「げんた万能うまみそ」を使っていましたが、こちらは味噌というより甘いみそ風調味料といった感じで、お味噌汁などを作る用途では向きませんでした。 「越後くらぶ米麹みそ」は内容量も500gあり、通常の味噌の代わりとして十分に代用できます。

我が家では、ここ数年間の間、調味料に塩は使ったことは一度もありません。 普段から減塩を意識しているので、調味料としてあえて塩を加える必要性がないためです。 塩を使わなくても、十分おいしく料理を作ることができますので、これから減塩をする方は一度、塩抜きで作ってみてはいかがでしょうか。

ただし、どうしても塩を使いたいという方は、塩を抑える代わりに、乾燥レモンパウダーを使った、 「ポッカサッポロ レモンのおかげ ウレシオ 」という商品があります。 その他、減塩を謳った商品として、味の素の「やさしお」がありますが、こちらはナトリウムの代わりに、カリウムが使われています。 腎臓病の方でカリウム制限を指示されている方は、このようなカリウム塩の商品は使わないようにご注意ください。

ソース

ソースは、フードケアの「低塩中濃ソース」を使っています。 こちらは通常のソースに比べて、食塩が60%カットなのに加え、カリウムも60%カットされています。 味も通常のソースとほとんど変わらずおいしくいただけます。

ぽん酢

ぽん酢は、「減塩げんたぽん酢」を使っています。 こちらは一般的なぽん酢に比べて、食塩相当量が3/4に抑えられています。 ただし、最近は後述する「黒酢」で代用することも多く、使用頻度はそこまで高くありません。

黒酢

こちらの黒酢は原材料が「米」だけのため、食塩相当量が大さじ1(15.0ml)あたり 0.006g とかなり抑えられています。 飲みやすく加工された黒酢の中には食塩が含まれているものがありますので、原材料や食塩相当量は必ず確認しましょう。 こちらの黒酢は、醤油と一緒に使うと料理にコクを加わります。醤油を少なめにする代わりに、黒酢を加えると、おいしく減塩することができます。

その他、こちらの黒酢におろし生姜を加えると、カツオのたたきなどにとても良く合うので、ぽん酢の代わりとしても使うことができます。 作り方などは「【手作り調味料】減塩には醤油の代わりに黒酢生姜がオススメ!」の記事の中で紹介しています。